数ある施術方法の中でも特に人気がある方法を紹介します

症例の多さに注目する

注射器 二重整形はプチ整形でも可能でより受けやすくなっています。美容整形外科を選ぶ時はその美容外科の過去の症例を見るのが大切です。美容整形外科の良さは、その美容整形外科のプライバシーの配慮などを見て判断することもできます。

詳しく見る

症状に合わせた治療

女性 二重治療は美容整形の中でも高い人気となっていますが、それぞれの症状に合う治療を選ぶことが大事です。比較的まぶたが薄い人であれば埋没法が向いていますし、まぶたが厚い、脂肪が多いなどの場合は切開を伴う治療も考えていきたいところです。

詳しく見る

瞼に手を加える方法

施術中の女性 二重整形は見ただけで効果を実感できる美容整形であるため人気の高い施術ですが、事前のカウンセリングなどをよく聞いて埋没法と切開法の違いをよく理解しなければいけません。基本的に埋没法を行っていきますが、これは慎重であることを優先するからです。

詳しく見る

使用される糸などを意識

女性 美容整形外科では二重形成を簡単に行えて、埋没法ではメスを使わなくて二重にできます。メスを使用する切開法と糸だけで二重形成をする埋没法には様々な特徴があり、その特徴をしっかり捉えてから施術を受けるのが大切です。

詳しく見る

マツエクに注意しよう

女性の目元 日本人は一重まぶたの人が多いということもあり、二重形成術が特に注目を集めています。この美容整形を受けることで目を大きく見せることが可能です。マツエクをした状態でも施術可能ですが、リスクを抑えたいなら外すようにしましょう。

詳しく見る

埋没法について

医者と看護師

埋没法は切らずの目を大きくできます

医療機関を利用して二重にする方法はいくつかありますが、方法の一つとして二重のラインとなる皮膚の部分を、医療用糸を使いまぶたの内側からとめると言う埋没法があります。自然な仕上がりになるのが埋没法の特徴で、施術したとしても、友人や知人などにバレると言うことは、少ないと言われています。施術後に腫れはほとんどないとされ、腫れたとしても「少し腫れぼったいかな」程度になるので、施術したことは気付かれにくいです。腫れに関しては、術後3〜7日を目安にほとんど無くなりますが、どうしても気になる人は長期的な休みの前に施術を受けるといいかもしれません。医療機関によりことなり一概には言えませんが、他の施術方法比べて、埋没法は施術費用が安く済む場合が多いです。埋没法の費用は、約3万〜30万程度となり、標準的な埋没方法であれば10万以下でお願いできることが少なくありません。切開法の場合、20万円から43万円程度となってしまい、埋没法と比べて2倍以上の費用がかかると考えていいでしょう。もちろん、切開法にはメリットがあり価格以上のメリットを期待できますが、価格のみで考えると埋没法の方がいいと言えるかもしれません。

埋没法は、施術前の状態に戻すことができ、実際に自分の目が二重になったらどうなるのかを確認することができます。一度埋没法により二重とはどんな感じか体感してみて、その結果を考量し、切開法によって理想通りの目の大きさに仕上げると言う選択肢も選べます。切開法は切ってしまうので、一度施術してしまえば、元の状態に戻すと言うことは基本的にできないと考えた方がいいです。もちろん万が一埋没法が取れてしまった場合、再度埋没法により二重にすることができ、そのさいラインの変更もできます。整形大国とも言われる日本では、二重にするための医療機関での施術は基本的に安全にできると考えていいですが、それでもメスを使うと言うことに抵抗を持ってしまう人もいるでしょう。前述した通り、埋没法は切らないで二重にする方法で、安全性については施術方法の中でも高い方法の一つだと理解されています。そのため、「安全に目を大きくして自分の顔に自信を持ちたい」と、心から望む人に埋没方法は選択されているのが現状です。

Copyright© 2019 数ある施術方法の中でも特に人気がある方法を紹介します All Rights Reserved.